風俗店の仕事内容を徹底解説!店長からスタッフまでの役割と業務

風俗店スタッフと店長の業務は実際どう違う?

 
風俗店の求人情報でよく見かける「店舗スタッフ」と「店長」の募集を見比べてみても、どちらも同じような業務のように思えたりすることはないですか?

今回は、そんな方のためにそれぞれの職種の違いを徹底解説致します!

 

風俗店長の仕事内容

風俗店長という職業は、一般的な企業のマネージャーと同じく経営全般を取り仕切る立場です。

社員やキャストのパフォーマンスを高めるための、適切な経営戦略や人事管理、リーダーシップが必要不可欠となるポジションです。

風俗店長の具体的な業務

風俗店長の業務は人事マネジメント、経理、営業マネジメント、そしてキャストの育成まで幅広くマルチな能力が求められます。

人事マネジメント

新人キャストの面接・採用、給与管理、シフト管理。

経理

店の収支バランスを保つための会計処理や収益予測に関わる業務。

営業マネジメント

客単価の向上や新規顧客獲得のための戦略を企画・実行。

キャストの育成

パフォーマンス向上のためのアドバイスや、キャストの個性を引き出すプロデュース。

どれを取ってもそれぞれが別々な業務ということではなく、
1つ1つの決定が密接に関わり、店舗の経営に直接影響を与える業務ばかりです。

店長の決定によって店舗の行く末も決まってしまうわけなので、非常に責任重大なポジションだと言えます。

風俗店スタッフの仕事内容

役職や職種による違いはあるものの、
基本的には店舗の清掃、受付業務、接客サービス、売り上げ管理など、店舗運営に必要な業務全般をスタッフが行います。

基本的な接客から始まり、将来的には部分的な店舗運営やマネージメント、
最終的には店舗全体の業績向上を視野に入れ、お客様からの信頼を得ることが能力として求められます。

風俗店スタッフの具体的な業務内容

風俗店のスタッフの主な役割は、お客様に安心感と満足感を提供することです。
お客様が心地よい時間を過ごせるよう、心のこもったサービスを提供することが求められます。

受付(電話対応・接客業務)

お客様のご予約、業者から掛かってくる電話の対応や、オープン後の受付・会計・ご案内の業務。

清掃や備品のチェック・発注

店舗の清掃もスタッフが行うことが多いです。またプレイで必要な道具や消耗品などの管理。

HPの更新や関連広告媒体の更新

お店によってはマネージャーや店長が行うことが多いですが、ホームページの更新作業。

キャスト管理

キャストの出勤確保をしたり、キャストとのコミュニケーション(相談など)。

店舗スタッフは、来店されたお客様と良好なコミュニケーションを図ることで
そのニーズや求められているサービスを吸い上げることが日々の業務の中で求められます。

まさに店舗の最前線に立ち、活躍する存在です。

店舗スタッフと店長 〜それぞれの給与は?~

これまでに見てきたように店舗スタッフと店長では、業務内容も責任も違うため給与に差が生じます。

それでは一体どのくらい差があるのでしょうか?

店舗スタッフの場合

店舗スタッフの場合の給与は平均額が月収30万円と言われています。

大手のグループ店なら月収46万円というところもあるので、様々な求人をじっくり見比べてみましょう。

店長の場合

店長の平均的な給与は月収50万円〜(+歩合)というところが多いです。

なかには月収100万円というところもありますし
大手グループであれば、年収1200万円ということも十分にあり得ます。

風俗業界でも一般職と変わらないキャリア選択

風俗店スタッフと風俗店長では、業務内容や給与に違いがあることをご理解頂けたかと思います。

しかし、これらの違いは風俗業界ならではの違いということではなく、
ごく一般的な企業での違いと全く同じだと言えます。

役職に付けば、業務内容の責任度が増し部下の育成や採用担当などさまざまな業務が付いてきます。
その代わりに、より良い給与という見返りがあるわけですね。

そのような中で、1〜2年で店長になれてしまったという人も多い風俗業界は、
出世の競争率はそれほど激しくないと言えるかもしれません。

効率的なキャリアアップを考えるのであれば
「風俗店スタッフ」「風俗店長」という職種は、
知られざる穴場な業種かもしれませんね!

求人エントリーはこちら

エントリー