メンズエステ店スタッフの仕事って?その業務内容を徹底解説

はじめに

 
昨今、メンズエステ店の増加傾向は凄まじいものがあります。

急成長をしているということは、そこには多くのチャンスが転がっていると捉えることも可能です。

実際、現在のメンズエステ店舗では人材が不足傾向にあり、店長などの役職ポストが空いている場合も多々見受けられます。

未経験からスタートしても、業務内容も風俗店と比較して複雑な点もなく、昇進スピードも引けをとりません。
尚且つ、メンズエステに通うお客様は経済的・精神的にも余裕のある方が多く、接客業ならではのストレスも少ない点が特徴です。

では、そんなメンズエステスタッフの業務内容とはどのようなものでしょうか?

 

メンズエステ店の種類について

『メンズエステ店』は、お客様にリラクゼーションサービスを提供するお店であり、『風俗店』と異なり性的なサービスはありません。

しかしながら、その営業形態に関しては似ています。

風俗店と同じく、メンズエステ店も「店舗型」と「派遣型」に分類することが可能です。また、それにしたがって勤務形態も異なってきます。

店舗型メンズエステ店の勤務形態

● 営業時間

・午前中~日付の変わる深夜0字頃まで
※9:00~24:00の営業時間としているお店が多い

● 店舗スタッフの勤務形態

・開店の準備を担当する「早番」、閉店までを担当する「遅番」の2交代制

派遣型メンズエステ店の勤務形態

● 営業時間

・ほとんどの店舗が24時間営業

● 店舗スタッフの勤務形態

・2~3交代のシフト制

上記のように、それぞれ営業形態によって勤務形態も異なりますが、スタッフの勤務時間は1日に8〜10時間程と一般的な範囲です。

スタッフとして働くことを考えるのであれば、事前に応募する店舗が「店舗型」なのか「派遣型」なのかを把握しておきましょう。

 

メンズエステスタッフの業務内容

メンズエステ店における、店舗スタッフの業務は大きく2種類に分類できます。

「受付業務」と「雑務」です。

受付業務

● 営業時間

受付業務は、そのほとんどが「電話受付」になります。

店舗の売上に直結する業務になり、全ての業務の中でも最重要業務と呼んでも差し支えないでしょう。
基本的には、予約対応となりその時の予約状況やキャストに関する質問への受け答えが主になります。

この業務でのポイントはお客様の「印象」を損なわず、如何に丁寧な対応ができるかという点です。
気持ちの良い対応を心がけ、リピート顧客の獲得に繋げましょう。

雑務

● 掃除

どの業種の店舗スタッフにも言えることですが、「清掃業務」は基本中の基本です。

特に、メンズエステ店のような「リラクゼーションサービス」を提供する場合、店舗の清潔感はサービスの満足度に影響します。

また、メンズエステの施術にはオイルが使用され部屋がベトベトするので、次のお客様のためにも念入りに行いましょう。

店舗によっては、その部屋を使用したセラピストが掃除を行う場合もありますが、基本的には店舗スタッフの業務となります。

● 洗濯

施術に使用する「タオル」や、セラピストの着用する制服の洗濯業務です。
規模の大きな店舗になると、外注をしている場合もあります。

タオルも制服も、サービスを提供するたびに洗濯の必要性が出てくるものになります。来客数の多い店舗にもなれば、洗濯の量も比例して多くなります。

お客様・セラピストに気持ちよくサービスの提供時間を過ごしてもらうためには、このような地味な作業も抜かりなくこなす必要があるでしょう。

● PC作業

この時代に、PCでの作業がない職種の方が珍しいかもしれませんが、当然メンズエステ店の業務にもPC作業は発生します。

・売上の入力
・キャスト管理表の作成
・顧客管理
・SNSやHPの更新

などの作業が想定されます。

しかし、一般的な表計算ソフトのスキル、ネットリテラシーがあればどうにかなる業務になりますので、必要以上に構える必要はないでしょう。

● 備品管理

メンズエステの施術では、「オイル」「タオル」「紙パンツ」など備品を多く消費することになります。

いざサービスを提供する時に、必要なモノがないとサービスの質も低下するほか、お客様の心象も損なうことになるでしょう。

そのようなことにならないように、常に備品の在庫数は把握し、管理を徹底できるようにしておきましょう。

 

メンズエステ店で”上手く”働くコツ

先ほど確認したように、メンズエステ店の業務だからと言って特別な業務があるわけではありません。

裏を返せば、「当たり前のことが当たり前にこなせる」という点が一番の評価ポイントとなるという事です。

メンズエステ店でのキャリアにおいて、さらに上を目指すのであれば、習得すべきスキルがコチラです。

女性セラピストの管理と良好な関係性の構築

メンズエステ店はセラピストによって売上が大きく左右されます。

セラピストに万全の状態で、ストレスなくお仕事をして頂くには、店舗スタッフの「縁の下の力持ち」としてのサポートが必要になります。

それでは、具体的にどのようなサポートをするべきでしょうか?

● セラピストのメンタル管理

セラピストのみに限らず、人はメンタルの調子を損なうとあらゆるパフォーマンスに悪い影響を及ぼします。

ここで重要なことは、相談されることを待つのではなく、セラピストの小さな変化を察知しコチラから聞き出すという働きかけることです。
そうすることにより、「心配している・気にかけている」というアピールにも繋がり、本当にメンタルの不調であれば早く相談に乗ることが可能になります。

セラピストを採用してそのまま、というようなメンズエステ店に差をつけるのであれば、このような一歩からになるでしょう。

● 「特別扱い」の禁止

「心配する・気にかける」という方法が『寄り添う方法』であれば、この方法は『距離をとる』方法といえます。

多くの方が、身に覚えがあるかと思いますが、何らかの集団で誰かが「特別扱い」されているのを体験したことがあるかと思います。
その時、心に湧き上がる感情は決してポジティブな感情ではないでしょう。

ましてや、人間関係に敏感な女性の集団ともなれば、より気を付ける必要があるのは明白です。

所属するセラピスト達に慕われることは、仕事もしやすくなり良いでしょう。しかし、適切な『距離をとる』ことも必要です。
各セラピストとの心の距離を計算しながら、より良いお店の雰囲気を作りあげるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

メンズエステ店の業務は、未経験の方でも問題なくこなせる業務がほとんどだったかと思います。
急成長を続けるメンズエステ業界に踏み込むなら、今がチャンス!

圧倒的な昇給速度をその身で体感してみて下さい。

求人エントリーはこちら

エントリー