女性用風俗の知っておきたい特徴と魅力

女性用風俗とは?

 
一般的に『風俗』と聞くと、男性向けの風俗を想像するでしょう。
近年では女性向けの風俗サービスも増えてきているのが現状です。

女性用風俗とは、女性がリラクゼーションや娯楽、性的な満足を求めて利用するサービスの一つです。

これらは、男性風俗と同様に「マッサージ」「エステ」「アロマ」など、リラクゼーションを主体としたものから、理想とする男性との時間を楽しむことができるものまで様々です。

新しい風俗の形とも言える『女性用風俗』について、この記事で理解を深めてみましょう。

 

女性用風俗店の種類について

女性用風俗店は様々なコンセプトで幅広いサービスを提供するお店が多くあります。
また、そのコンセプトやサービスの特徴によってジャンル分けがなされています。

まずは、どのような女性用風俗店の種類があるかを見ていきましょう。

レズビアン女性向けのデリヘル

女性が好きな女性のための、「レズビアン」向けデリヘルサービスになります。

在籍しているキャストも女性で、「キレイ系」「かっこいい系」「カワイイ系」など様々なタイプの女性を選択できます。

特徴的な点は、プレイ中での「役割」がキャストごとに決まっており、自分の好みのプレイを加味してキャストを決定する必要がある点です。

・積極的なプレイをする人「タチ」
・受け身なプレイをする人「ネコ」
・どちらもこなせる人「リバ」

サービス内容としては、性的なサービスはもちろんのこと、添い寝やデートなど恋人気分を味わえるコースなどもあります。

性感マッサージ

男性キャストによるマッサージサービスを提供するお店です。
実店舗を持たないお店が多く、自宅やホテルなどでサービスを受けることになります。

「性感マッサージ」と謳うように、ただのマッサージをするサービスではありません。臀部や胸、乳首などの性感帯へのマッサージや、女性器への愛撫やクンニなどもサービスの一部となります。

蛇足かもしれませんが、もちろん本番行為(男性器を女性器へ挿入する行為)は禁止されています。

出張ホスト

読んで字のごとくになってしまいますが、ホストを出張と称してレンタルできるサービスとなります。

通常のホストクラブのサービスは店舗内での接待サービスですが、出張ホストではデートやショッピング、ランチやディナーなど恋人気分を味わうことが可能です。初めてのデートの練習として利用する女性も多いそうです。

「女性向けデリヘル」とも呼ばれているように、自宅やホテルで性的なサービスを受けることもできます。

類似サービスとして「レンタル彼氏」がありますが、こちらの場合、性的なサービスは禁止行為とされています。

添い寝

「添い寝」をサービスとして提供するお店になります。

このサービスを利用する女性は、性的なサービスを目的として利用することはありません。
何か辛いことや悲しいことがあった時などに、メンタルケアとして添い寝をし雑談を交えながら話を聞いてもらいたいという欲求に応えるサービスです。

「添い寝」という方法の他にも、電話やメッセージツールを用いた簡易的なコースも用意しているお店もあったりします。

カウンセリング

身体の直接的な接触が一切ない、対話のみのサービスになります。

家族や友人、彼氏や夫に相談しにくい性の悩みを気軽に相談できるというメリットのサービスです。

 

女性用風俗のサービス内容について

女性用風俗店の基本的なサービスをご紹介します。

主なサービス

● ハグ

男性キャストが優しいハグをしてくれます。女性側からハグをすることも可能です。

● クンニ

男性キャストが女性の性器を舌で舐め愛撫してくれます。

● キス

「ソフトキス」や「ディープキス」まで好みのキスを行ってくれます。

● 指入れ

女性の膣に指を入れて、刺激をしてくれます。クンニとセットで行うこともあります。

● フェザータッチ

指先を使って優しく触ってくれます。

● 全身リップ

首や肩、足先までの全身を舐めて愛撫してくれます。乳首などの性感帯をメインに行ってくれる場合もあります。

● 指圧・オイルマッサージ

アロマオイルなどを使用し、性感帯を刺激する揉みほぐしのマッサージを行ってくれます。

上記のサービスはお店によっては、オプションサービスとして提供されているものもあります。

オプションとしてのサービス

以下が、女性用風俗で主にオプションサービスとして設定されています。

女性用風俗のオプションサービス
電マ・バイブ・ローター
手錠
アイマスク
ソフトSM
コスプレ
ウーマナイザー

ここではオプションとして紹介したサービスも、お店によっては無料の基本サービスとなっている場合もあります。
また、料金設定も各お店によって細かく異なっています。

 

女性用風俗の基本的なサービスの流れ

男性向け風俗店ではジャンルが多岐にわたっているため、そのサービスフローに関してもそのコンセプトに応じて変化します。

しかし、女性用風俗店の場合、基本的なサービスフローはどのお店も共通していることが多いようです。

それでは、一連のフローを確認してみましょう。

STEP.1 待ち合わせ
STEP.2 カウンセリング
STEP.3 シャワー
STEP.4 ボディマッサージ
STEP.5 性感マッサージ
STEP.6 シャワー
STEP.7 帰宅

女性用風俗店は、そのほとんどが実店舗を持っていません。そのため、まずは予め決めた場所での待ち合わせからはじまります。

その後、ホテルなどの個室内にて、「希望のプレイ」や「嫌なプレイ」のヒヤリングを行い、プレイ前のシャワーを浴びます。また、女性用風俗は基本的に前払い制度となっているため、カウンセリング後にサービス料金を支払います。

希望したプレイをおこなった後、シャワーを浴びて終了となります。

キャストによっては、最寄りの駅まで送迎してくれるというサービスもあるようです。

 

女性用風俗の料金相場とは?

店舗によってバラつきがありますが、女性用風俗の最もベーシックなコースである120分で、平均15,000〜20,000円ほどが相場と言われています。
延長などを行う場合は、30分ごとの延長で約5,000円ほど追加料金が発生します。

この基本料金の他にも、発生する費用があります。
そのほとんどは男性用風俗の場合と大きく変化はありませんが、確認しておきましょう。

指名料

男性キャストを指名する際に発生する料金です。
1,000~2,000円が相場となっています。

ホテル代

ホテルを利用する場合の料金です。
4,000~7,000円が相場となっています。

交通費

男性キャストを、待ち合わせ場所に派遣する際に発生する費用。
指定する派遣先によって、金額は大きく変動します。

デート費

デートサービスにて、デート中発生する諸経費。
デート内容によって、金額は大きく変動します。

キャンセル料

予約完了後に、キャンセルとなってしまった場合に発生する料金です。
キャンセルが可能なタイミングや、その相場はお店によってことなりますが、大抵の場合はプレイ料金の金額の半分としているお店が多いです。

 

まとめ

いかがでしたか?

女性用風俗を利用する目的は、人によって様々です。
セックスレスで悩む方、普段とは異なった刺激を求めている方、初体験の練習をしたいと考えている方。

もし、貴方が女性用風俗店での勤務や経営を考えているのであれば、どのようなニーズの上に女性用風俗が成り立っているのかを、しっかりと把握しておきましょう。

世界中で多様性を尊重する動きが活発ですが、この女性用風俗業界の盛り上がりもその一旦を担っていると言えます。

ナイトワーク業界での活躍をお考えであれば、注視せざるを得ないですね!

求人エントリーはこちら

エントリー